証券会社の仕事

tokyo-exchage

証券会社の仕事は、株の売買を株を発行している会社と投資家の間に入って行うことです。

投資家に対しては、投資家の注文にしたがって、株の売買を行ったりします。
株式会社に対しては、新しい株を発行したいという相談にのったりします

証券とは何か?

証券とは、それを持っていれば、何らかの形で利益(配当金)が得られる証明書を言います。

また証券と株はイコールと考えていいことから、お金を出資した証明書とも言えます。

証券会社の仕事

証券会社の仕事は、投資家から注文を受けて、株を売買するだけではありません。

このほかにも、次のような仕事があります。

  • 未上場の会社を探してきて、上場させることで手数料収入を得る
  • 証券会社自身が儲けることを目的に、株を売買する
  • 投資信託などの金融商品を開発し、それを売って利益を出す

株式会社(資金がほしい人)と投資家(資金を投資したい人)の引き合わせを円滑に行う場が株式市場です。

株式市場が活発になると、株を売買したい人が集まります。すると成長が見込まれる会社には大きな資金が集まります。証券会社はこうした状況を作るために存在しているのです。

証券会社と証券取引所の違い

証券会社のほかに、証券取引所という株式会社があります。では、この二つの会社の違いは何なんでしょうか?

簡単に説明すると次の違いがあります。

  • 証券会社-投資家からの株の売買注文を受けるところ
  • 証券取引所-証券会社を通じて、実際に株の売買を行うところ

以上のことから、証券取引所は直接投資家から株の売買注文を受け付けないことがわかると思います。

ただし現在では、証券会社自身も証券取引所とは別に独自の株式市場を持ち、株の売買を行っているところもありますが。

ちなみに、どちらの会社も株式会社ですので、当然各会社の株を、自分の会社で株の注文を受けたり、株を売買したりしています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>