株式会社の仕組み

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

株式会社の歴史

みなさんが存知の通り、世界で最初の株式会社は、オランダやイギリス、フランスが作った東インド会社と言われています。

時は17世紀の大航海時代。当時のヨーロッパには肉を保存するための香辛料を求めて、アフリカやアジアを目指す人が大勢いました。

しかしまだ当時の造船技術や航海術では、この航海は大きなリスク(危険)を伴うものでした。
嵐で船が沈んでしまえば大損害です。そのリスクを何とか減らそうと考えられたのが「株式会社」という仕組みです。

それまでは船を造るのも腕の良い船長を雇うのも、船員を集めるのも、個人の資金ですべて賄っていました。
香辛料を持ち帰られれば大儲けできますが、失敗してしまえば、一生がお終いになるほどの損失を負ってしまいます。

その点、株式会社では、一人で資金を用意するのではなく、みんなでお金を出し合います。
香辛料を持ち帰ることができれば大儲けですし、失敗した場合は、自分が出資した分を失うだけで済みます。

株式会社の仕組み

現在の株式会社も基本的に東インド会社と同じ仕組みです。
東インド会社と現代の株式会社を比較してみると

現在の株式会社東インド会社
工場を作る船を造る
経営陣を雇う船長を雇う
経営陣が社員を採用する船長が船員を集める

以上のことを、みんなでお金を出し合って、事業を展開するのが株式会社です。

株主と株主総会

お金を出した人、つまり株を買った人を株主と言います。

投資家も株主と言えますが、積極的に会社の事業に係る、つまり株主総会に参画する場合、投資家より株主の意味合いが強いでしょう。

そして株主総会とは、毎年株主の一堂が集まって「誰を取締役にするか」とか「経営方針を承認するか」などを話し合う会です。

株主総会で決まったことが、その会社が行う一年間の事業となるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>