株価が上がると会社にどんなメリットがあるのか

srock-price-rise

株価が上がっても会社にはお金が入ってくるわけではないことは、次の記事「株式会社にお金が入る仕組み」でもご説明しました。

では、なぜ会社は日々の株価を気にするのでしょうか?その秘密に迫ってみましょう。

株価が上がると会社にとって二つのメリットがある

実は、株価が上がると会社にとって、二つのメリットが有ります。それは

  • 社会的な信用度が高くなる
  • 新株発行が有利に行える

です。それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

社会的な信用度が高くなる

「株価が高い」ということは、社会的な信用度が高いことを意味します。
なぜ株価が高いと信用度が高いのでしょうか?
株価が高いということは、高い値段でも買いたい人が多いということです。つまり

  • 流動性が高い=いつでも高い値段で株を現金に替えられる可能性が高い
  • 人気が高い=会社の知名度が高い

また、株価が高い理由として「そもそも会社の資産価値が高く、株価が値下がりしにくい」ことも考えられます。

そして信用度が高いと、銀行または投資家から資金を調達しやすくなるのです。

株式発行が有利に行えて、資金を調達しやすくなる

会社が新たに資金を集める方法として「新しく株を発行する」ことができます。

新株を発行すると直接資金を入手できるのです。そして銀行からお金を借りる場合と違い、お金を返す必要もありませんし、利子を払う必要もありません。(まあ株を発行すれば、配当金を支払うことはありますが…)

新株の発行は、株式資本を増やすことなので「増資」と呼びます。

株価(人気)が高ければ、新株発行で増資をするときに、高い値段で売り出せるのです。
本来一株500円の株を売り出しても、一株1000円の値段がつけば倍の資金が入ることになります。

こうした仕組みから、高い株価が保てれば、多くの資金を調達しやすくなるのです。

反対に株価が下がれば、信用もなくなるし、資金も調達しにくくなるわけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>