株式投資とは

stock

テレビ、新聞、インターネットなど、今や「株」という言葉を耳にしないことはない昨今。現在の日本で「株」が浸透しています。

しかし、その仕組みまで分かっている人は少ないと思われます。そこで、この記事では「株」について見ていきたいと思います。

株とは?株価はどのようにして決まるのか

株とは、株式会社が資金を集めるために発行する証明書です。
株価とは、その株が市場で売買された時についた価格です。

そして基本的に、みんなが欲しい株には高い株価がつき、欲しい人が少ない株には低い株価がつきます。
そのほかにも色々な要素が絡んで株価は上下するのです。

株で儲けるためには

常に「会社の業績」や「景気の動向」それに「世間の反応」に目を配って先を読む。そして安い時に買って高い時に売る。その差額が儲けになる。
このシンプルな売買が株で儲けるということなのです。実際は難しいことですが。

そのためにも次の点をよく調べておく必要があります。

  • 会社の情報-株を買おうとしてる会社の業績は良いか悪いか。新事業を興そうとしているか
  • 景気の動向-これから世の中は景気が良くなるのか悪くなるのか
  • 世間の反応-会社の情報や景気の動向を見て、世間はどう反応するか

これらの情報は、どのくらい先まで株価に影響を及ぼすのか、それに対して買った株をどのくらい先まで保有するのか、時間的な比較も利益を出すためには大切な要素です。

情報の収集と活用方法

では具体例を上げてみましょう。
まずは、情報の入手からです。昨今情報の入手といえばインターネットが真っ先に上がります。

各会社はホームページを立ち上げて会社の情報を公開していますし、証券取引所のホームページも上場会社の情報を公開しています。さらに日々のニュースなども新聞各紙のホームページから入手できます。

そのほか情報の入手方法は次のとおりです。

  • 会社のホームページや証券取引所のホームページなどインターネットから
  • 新聞やテレビ、ラジオのメディアから
  • 会社四季報や日経会社情報などの情報誌から

次に入手した情報を活用して、どのように株価を予想するか見ていきましょう。

もしテロ事件が発生したニュースが流れたら、世の中はどのように反応するでしょうか?
テロ事件が発生した国への旅行者が減る考えると、航空輸送関係の株価が下がるかもしれません。反対に防犯商品関連の株価は上がるかもしれません。

逆にテロが発生した国の政府が迅速に対応したり犯人が早く捕まったら、株価は思ったより変動しないかもれません。

このように、色々な情報を調査・比較して、売買しようとする株がどのように変動するかを予想するのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>