株式会社にお金が入る仕組み

new-york

東証一部や東証マザーズなどの株式市場で、日々株の売買が行われても、株を発行している会社が儲かるわけではありません。

では上場した株式会社は、どのようにして資金を手にするのでしょうか?

ここでは、株式会社が「上場するメリット」と「お金が入る仕組み」を見ていきましょう。

株式会社が上場するメリット

上場とは株を「場」に上げてもらうこと。つまり市場で取引をしてもらうことを言います。

上場していると、新しい事業をするためにお金を集めたくなったとき、市場で株を発行すると、すぐ投資家に株を買ってもらうことができるメリットがあります。

もし上場をしていなければ、投資家を自分たちで探さなければいけませんし、見つかっても価格が折り合わないかもしれません。

しかし上場していれば自分たちの希望した価格と違うかもしれませんが、とにかく買ってもらう可能性がずっと高くなります。

上場したということは証券取引所の審査を通って「市場で取引されるだけの価値がある」と認められたことでもあります。

株式市場では大勢の投資家の目に触れることで「値段がつかない」という事態が起こる可能性も低くなるメリットもあります。つまりお金(資金)が集まりやすくなるわけです。

株式会社にお金が入る仕組み

しかし日々株式市場で株の売買が行われても、株を発行している会社は儲かりません。ではどのようにして会社にお金が入るのでしょうか?

その仕組を見ていきましょう。

  • 株価が上昇することで、会社が持っている自社株の価値が上がる
  • 価値が上がった発行済みの自社株を売ることで資金を集める(お金が入る)
  • 集めたお金で新しい事業を始める

このように、会社の事業を軌道に載せ、会社の価値を高めることで、価値が上がった自社株を売ってお金を集めるわけです。

新株発行は良いことばかりではない

ここまでの話を見てみると、バンバン新しい株を発行すれば、ドシドシお金が集まるような気がしますが、コトはそう簡単ではありません。

新しい株を発行するということは、一株あたりの価値が下がりますので、その会社の株を持っている場合は、手放そうと考える投資家が出てきます。

もしその投資家の数が予想を上回れば、さらに価値を下げることも考えられるのです。

また株式市場は何でもありというわけではありません。不特定多数の人によって売買される市場ですから、様々なルールがあります。その中で、各会社、各投資家が、知恵を絞ってお金を儲けようとしているのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>