株で儲ける3つの方法

capital-gain

私たちが株を持っていると、どのようにして儲けることができるのでしょうか?
そしてどのようにすれば、その儲けを最大にすることができるのでしょう?

ここでは株で儲けるための3つの方法を見ていきましょう。

配当金で儲ける

投資家の目的は、株を買うことで、お金を会社に投資して、お金(資産)を増やすことです。

配当金とは会社の儲けの一部を、株主たちで山分けしたものです。

儲けを出し続けている会社の株は、配当金をもらい続ける可能性が高く、株を持ち続けている間、株主は配当金で儲け続けることができるわけです。

株の売買差益で儲ける

配当金が多い株は、投資家の関心の的となり、欲しいと考える投資家が出てきます。

反対に、その会社の株を持っている投資家の中には

  • ほかの株を買ったほうが高い配当金が貰えそうだ。
  • 充分株の価格が上がったから利益の出ているうちに売ってしまおう。

と考える投資家も出てきます。すると、その投資家の間で売買が始まります。

株を売る人達は配当金ではなく、株の売買差益で利益を得ようとしている人達です。

株を持っているだけで儲ける

実は前述の二つ以外で儲ける方法があります。それが会社自体を大きくして儲けることです。
株を買ったということは、会社の一部を買ったことになります。
それは、会社が大きくなれば、投資した株の価値も上がるということです。

もう少し詳しく説明すると、会社が順調に儲かればお金が入ってくる。その一部を新しい事業に投資することで、さらに会社を大きくしていく。会社が大きくなれば、会社自体の価値が上がる。会社の勝ちが上がるという小は株の価値が上がるということである。

このように、大きく成長する会社を見つけて、お金を投資する方法が、本来の投資であり、最も儲かる方法なのです。

しかし将来を見通せる人や会社が大きくなるまで株を手放すことなく持っていることは非常に難しいことですが。

キャピタル・ゲインとインカム・ゲイン

株の話の中で「キャピタル・ゲイン」と「インカム・ゲイン」という言葉がよく出てきますが、どんな意味なんでしょうか?

キャピタル・ゲインとは、「売買差益で儲かったお金」や「持っている株の会社が大きくなることで得られる儲け」のことです。

インカム・ゲインとは、「配当金」つまり会社の儲けの一部のことです。

キャピタル・ゲインもインカム・ゲインも、元は会社の儲けで、会社の儲けを次の事業に充てて、会社の価値を上げたものが「キャピタル・ゲイン」で、儲けの一部をお金という価値で支払われるのが「インカム・ゲイン」つまり配当金なのです。

つまり株で儲けるためには、将来にわたって利益を出し続ける会社の株を持つということなのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>