ETFとは株のように売買できる投資信託

stock

数ある金融商品の中で、最近注目を集めているものに「ETF」があります。

ETF(Exchange Traded Fund)とは

ETFとは「上場投資信託(Exchange Traded Fund)」の頭文字を取ったもので、証券取引所で株と同じように売買できる投資信託のことです。

おさらい(記事「投資信託とは?初心者入門」)ですが、投資信託は私たちが預けた資金を、投資の専門家に運用してもらいます。そのためどのように運用されているのか、どんな株をいくらで買っているのか分かるまでに、だいたい4営業日ほどかかります。

これに対して、ETFは一般の株のように、逐次、価格が変化していくため、自分のタイミングで売買できます。

そしてETFは、日経平均株価とTOPIXに連動することを目指して運用されているものが主流ですから、景気が上向きならETFも上がっていくことが、景気が下向きならETF下がっていくことが予想でき、分かりやすいのです。

しかし、いくら景気の動きと連動しているとはいえ、そもそも日経平均やTOPIXの動きを読むのすら難しいのですから、全く安全な金融商品でないことは言うまでもありません。

ETFは一種類だけじゃない

さらに、一口にETFと言っても、その商品の数はFXと同じように星の数ほどありますので、その中から選ぶのに一苦労しそうです。

また日経平均やTOPIXに連動するもの以外にも外国の経済指標に連動するものや、金または石油などの株とは全く関係のない投資先のETFもありますので、さらにどのETFを運用(売買)するのか選択肢はさらに広がり、ますます迷ってしまうこともあるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>