いろいろある投資信託の種類

investment-trust

投資信託と聞くと「株の投資信託」を思い浮かべるのではないでしょうか。

実は、一口に「投資信託」と言っても、株以外にもいろいろな商品があるのです。

投資信託の種類

株の投資信託を含め、どのような種類があるのか見てみると

株の投資信託

  • 日本株に投資する商品
  • 外国株に投資する商品
    • 先進国の株に投資するもの
    • 新興国の株に投資するもの
    • 先進国の株+新興国の株に投資する複合型)

 

債券型 投資信託

株ではなく、債券に投資する商品

  • 株の投資信託と同じように、外国債、その中でも先進国または新興国、その複合型など

 

株と債券の複合型 投資信託

  • 「株のみ」や「債券のみ」で組んだ商品ではなく、株と債券の両方を組み合わせた商品

 

以上のように株や債券など、その組み合わせの数だけ金融商品がありますので、事実上無限の金融商品があると言えます。

株の取引を「知識がないから」「時間がないから」という理由で、投資信託を選択したはずだったのに、その投資信託が星の数ほどあれば、今度は投資信託を選ぶのに迷うわけですから困ったものです。

意外と高い投資信託の手数料

投資信託を買うと「売買手数料+一年間の運用手数料」がかかります。

このうち、一年間の運用手数料を「信託報酬」と呼んでいるのですが、この信託報酬がバカにならないほど高くなる場合があるのです。

すると投資信託を買ったときの手数料は安かったけれど、信託報酬が高ければ、長く持っていると利益を食いつぶすこともありますし、最悪、投資自体は成功しているのに、赤字になることもあるのです。

一方、ノーロードといって、信託報酬を無料にしている投資信託もあります。

この金融商品は、逐一どの株を買うかを考えないで、コンピューターで機械的に投資先を判断する方法なので人件費もかかりません。そのため買付手数料を無料にできるのです。

ノーロードには「日経平均連動型投資信託」や「トピックス連動型投資信託」があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>