円高・円安になるとどうなるのか

exchange2

日々ニュースで流れる「円はドルに対して、昨日より◯円◯銭円安ドル高」「円はユーロに対して、昨日より△円△銭円高ユーロ安」など為替の情報は一体どういう意味なのでしょうか?

そして円高や円安になると日本にどのような影響が出てくるのでしょうか?

円高・円安とは何なのか?

外国との貿易には、輸入先の国(貿易相手国)とのお金の交換(為替)が必要になってきます。
これは輸入した商品の支払いを、相手国の通貨で払う必要があるからです。

このような外国との貿易が活発になると、それに合わせて為替も活発に行われ、当然そこには「需要と供給の関係」が出てきます。

円をドルに変えたい人が多くなれば、ドルの需要が高くなり「ドル高」になります。これは逆を返せば、円の需要が低くなり、「円安」になったことになります。
ドルを円に変えたい人が多くなれば、円の需要が高くなり「円高」になります。これも逆を返せば、ドルの需要が低くなり「円高」になったことになります。

つまり、外国の通貨に対して

  • 円高とは…円の価値が高くなった
  • 円安とは…円の価値が安くなった

ことなのです。

円高・円安になると何がどうなる?

円高や円安になると、日本の経済はどのように変わるのでしょうか?

円高は外貨に対して、円の価値が高くなった状態ですから、外国の商品(輸入品)は安くなり、買いやすくなります。反対に日本の商品(輸出品)は外国では高くなり、買いにくくなるのです。

円安は外貨に対して、円の価値が安くなった状態ですから、外国の商品(輸入品)は高くなり、買いにくくなります。反対に日本の商品(輸出品)は外国では安くなり、買いやすくなるのです。

お金が商品になった

お金を他国のお金といくらで交換するか、その比率の変化で儲けようとする人が現れました。為替トレーダーと呼ばれる人たちです。

この為替で儲けようとする人たちは、例えば、(外貨に対し)円が安いうちにその外貨に交換して、(外貨に対し)円が高くなったらその外貨を円に交換する、その差益でお金を儲けるのです。

交換とは売買のことですから、前述の行動は次のように言い換えることができます。

この為替で儲けようとする人たちは、例えば、(外貨に対し)円が安いうちに買って、(外貨に対し)円が高くなったら売り、その差益でお金を儲けるのです。

お金を売買するということ自体、不思議な感じを受けますが、売買できるということは、お金が商品になったとも言えるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>