老後生活のお金を支援する年金制度

085616 (640x480)

保険とは別に、国民が安心して暮らすためのもうひとつの仕組みが「年金」です。

年金の仕組み

年をとって働けなくなったときに、お金がないと不安なものです。そこで働ける若いときに、少しずつ保険料を払っておき、年をとってからお金を受け取るという仕組みが年金なのです。

日本の国民は20歳以上になったら60歳未満まで、働いていなくても年金制度に入り、保険料を払い込まなくてはいけません。
25年以上保険料を払い込むと、65歳(平成25年から平成37年まで)になってから保険料を受け取れるようになります。

なお、交通事故などで障害者になったときは、65歳に達していなくても障害年金が受け取れます。

年金の種類

年金には次の3種類があります。

  • 国民年金-20歳以上60歳未満までの学生や自営業者など、すべての国民が入る年金
  • 厚生年金-会社員が入る年金
  • 共済年金-公務員や教職員が入る年金

今、国民が払い込む保険料は、現在の年配者の年金として使われます。

そして国民が将来払い込む保険料は、次に年配者になる年配者の年金として使われるのです。

年金の問題

現在は少子高齢化が進み、年金受給者の数に比べ、若者の数が減ってきています。そのため年金受給者一人に対して、少ない人数で支えなくてはならない状態です。

そして、今の年金制度が将来も続くか不安視する人も多くいるのです。

そのため、年金制度の改革が大きな議論になっているのです。
主な改革事項

  • 年金受給年齢の繰り上げ
  • 受給額の削減

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>