ローンの金利と審査の関係

住宅ローン

金利と審査の関係

まずは、みなさんも関心があるであろうローンの金利と審査の関係です。

簡単に貸してくれるローンほど金利は高くなります。
貸したお金が回収できなくなるリスクを軽減させる手段として、高い金利を取るわけです。

反対に、審査が厳しく手続きが面倒なローンほど金利は安くなります。

住宅ローンが銀行との最も大きな取引

私達が銀行を一番大きく利用するのが、住宅ローンではないでしょうか。
住宅ローンの中でも、返済期間が35年という長期ローンを利用する人が多く、定年後も払い続けることもあるようです。

住宅ローンは金額が大きいため、利用者、銀行の双方が高いリスクを負います。
特にお金を貸す側の銀行にとっては、リスクを軽減させるために、利用者に対して審査を厳しくする必要があります。

さらに銀行はリスク軽減のために、住宅ローンの場合は「家と土地」を、自動車ローンの場合は「車」を担保としています。

サラリーマンがタレントよりローンを借りやすいわけ

タレントはサラリーマンより信用度が低いからです。タレントは今は売れていても、その先は売れるとは限りません。

しかしサラリーマンであれば、毎月の給料が多少低くても、その先も給料は入ってきますし、ある程度知名度のあれば、それが「安定」という信用度を高め、ローンが組みやすくなるのです。

自動車ローンが住宅ローンに比べ組みやすいわけ

自動車のほうが住宅に比べ、貸し出すお金が小さいこと
支払いが滞ったときは、自動車のほうが比較的簡単に売りさばけること(お金に替えやすいこと)。

これらの点から、車のほうが簡単に貸してくれます。ただし、車のほうが金利が高いのは前述したとおりです。
以上の点は、クレジットカードについても、住宅ローンと同じように厳しい審査があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>