銀行とペイオフ制度と私たち

rich

ペイオフ制度と聞くと、私たちが銀行に預けたお金に関する制度と思われがちですが、実はお金を預かる側の銀行にも深く関わってくる問題なのです。

そんなペイオフ制度の裏側を見ていきましょう。

銀行から見たペイオフ制度

まずはペイオフ制度のおさらいからです。ペイオフ制度とは金融機関が倒産しても、1000万円までの預金とその利息は、必ず預金者に払い戻されるという制度です。

銀行は預金がある度に、その預金額に見合う保険料を預金保険機構に支払うことで、万が一金融機関が潰れてしまっても、預金者に保証分を払えるようにしています。

そのため、銀行は1000万円未満の預金ではほとんど儲かりません。1000万円を超えて初めて保険料を支払わなくても済むからです。

以上の理由から、銀行は1000万円以上の高額預金者を取り込むのに力を入れているのです。

VIPの窓口に案内されるためには

私はまだ経験したことはありませんが、銀行によっては銀行の窓口に並ぶと、キャッシュカードの提示を求められることがあります。

これは、お客さまの預金残高を調べ、1000万円までなら普通の窓口に並んでいただき、1000万円超えならVIP窓口にご案内するということなのです。

また最近では、高額預金者に向けた特別なサービスがいろいろあります。たとえば時間外手数料の無料化やATM手数料の無料化(月の利用回数に制限あり)などがそれに当たります。

このように、他行よりもサービスを充実させることで、多くのお金を預けてもらい、それを運用したいという狙いなのです。

当座預金ならペイオフでも預金額は全額保証される

私たちが銀行で開く口座は、普通預金と呼ばれるの口座です。この普通預金はペイオフ制度によって、金融機関が破綻した場合、1000万円までの預金とその利息までしか保証されないのは前述したとおりです。

しかし当座預金で口座を開けば、その預金は全額保証されるのです。当座預金とは決済専用の口座で、普通預金と違ってお金を預けても利息は付きません。その代わり「手形」や「小切手」を発行することができます。

「今なんて利息はあってないようなもの。預金が全額保証されるなら、当座預金の口座を開いて預金を移しておこう」と思ったあなた。残念ですが当座預金を開設することはできません。

そう当座預金は「決済専用の口座」なので、企業や個人事業主しか開設することができないからです。

「だったら余計な話なんてしないでよ」と言われそうですが、ペイオフ制度つながりで書かせていただきました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>