銀行の成り立ち

japan-bills

明治維新以降、両替商は銀行になっていきました。全国で誕生した銀行には番号が割り振られました。それが第四銀行、第七十七銀行などは当時の名残りです。さあ、そんな銀行の成り立ちを見ていきましょう。

※第四銀行は、創立時の商号のまま現存する最古の新潟地盤の銀行です。

昔すべての銀行で紙幣を発行していた

両替商から発展した銀行は「いつでも金と引き換える」と書かれた紙幣を発行していました。

この紙幣の登場で、人々は普段は持ち運びに不便な金や銀を持たずに、この紙幣をお金として使うようになりました。

しかし銀行の中からもっている金の量を大きく超える、大量の紙幣を発行する銀行が現れたのです。
不安に思った人々は、我先に紙幣をもって銀行で金や銀に交換しに行きました。しかし、そのうちに交換できない事態が起こったのです。

これではお金の信用が失われると考えた政府は、紙幣が発行できる銀行を一つにしたのです。それが1882(明治15)年に誕生した日本銀行です。

兌換券(だかんけん)-銀行が発行した「この紙幣を持ってくれば、いつでも紙幣に書いてある金額の金(または銀)と引き換える」と書いた紙幣

経済が発展するために紙幣がただの紙切れになった

日本銀行が発行した紙幣(日本のお金)は、信用が高く日本国内で通用しました。

ところが経済が発展すると紙幣の量が限られていることで、それ以上の経済の発展しなくなったのです。

これは、金の量=紙幣の量のためです。ちなみに金の量しか紙幣を発行しない仕組みを「金本位制」といいます。
そのため、経済が発展し世の中に便利な商品、ほしい商品が溢れても、紙幣の量が決まっていると、その商品を買うことができなくなってしまいました。

そこで、日本銀行は1931(昭和6)年「金本位制」をやめました。

これ以降、紙幣を銀行にもって行っても金と交換してもらえなくなり、ただの紙切れになってしまいました。
しかし、みんなが「日本銀行が発行した紙幣はお金だ」と思っているので、お金として通用しているのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>