インフレもデフレも行き過ぎると生活が苦しくなる

zimbabwe-dollars

インフレが行き過ぎると、物の値段が高くなり生活が苦しくなる

好景気も行き過ぎると問題が起こります。

景気が良くなると、多くの会社が儲かり、社員の給料が上がって、消費者の買物も多くなります。

消費が増えれば、もっと多くの商品を作ったり売ろうと供給が増えます。

すると商品を作るための材料もさらに必要になり、供給が追いつかなくなれば材料の値段も高くなります。

材料の値段が高くなれが、商品の値段も高くなっていきます。

 

このように、あらゆる物の値段が上がっていく状態を「インフレ」(正式には「インフレーション(inflation)」といい「膨張(物価の)暴騰」という意味)といいます。

 

しかし物の値段がどんどん上がっていったらどうなるでしょうか?

給料が上がらない人や、決まった額しかもらえない年金受給者は生活がくるしくなってしまします。

給料が上がっている人でも、もらえる給料より物の値段のほうが、さらに上がってしまうと、生活が苦しくなってしまうのです。

デフレも行き過ぎると、給料が減って生活が苦しくなる

一方、景気が悪いと、この逆が起こります。

商品が売れないので値段を下げ、その分だけ社員の給料を減らし…ということになり、あらゆる物の値段が下がっていきます。

このような状態を「デフレ」(正式には「デフレーション」(deflation)といい「縮小(物価の暴落)」という意味)といいます。

 

デフレがどのように始まるのか見て行きましょう。

まずは商品の過剰供給(世の中に欲しいものがなくなってきた)が起こり、商品が売れなくなってきます。すると、商品を売っている会社は、何とか売れるように値段を下げます。

商品の値段を下げると、その分儲けが少なくなるので、社員の給料が上がらない、もしくは減ってしまいます。

さらに、商品の材料を安く仕入れたり、材料の品質を下げたりして、商品の値段を下げるためのやりくりをしなくてはなりません。

材料の仕入れ値を下げれば、材料の会社の儲けが少なくなるので、その会社でも給料を下げたり、材料の生産者に安く売ってもらうように交渉しなくてはなりません。

さらに、価格競争が激化すれば、この循環はさらにエスカレートして行きます。

 

このように、商品が売れなくなって、もらえる給料が減ってくると、さらに商品を買おうという行動が起きにくくなり、ますます商品が売れなくなります。

このような悪循環を「デフレ・スパイラル」といい、ぐるぐると回りながら螺旋階段を降りるように、景気が下降していくのです。

日本では1990年代の後半から、デフレが続いていますが、ここからどのように脱出するのかが日本経済の課題です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>