お金の三つの役割がある

market

お金には三つの役割があります。それが次の「交換」「価値を計る」「価値を貯める」の三つの役割です。

交換する役割

大昔、人々は欲しい物を物々交換で手に入れていました。しかし物々交換では、お互いが欲しい物を持っている者同士だとは限りません。
物々交換では、自分が欲しい物を手に入れるのが難しいのです。そこで誕生したのがお金です。

お金は最初、貴重品である米、布、塩などがその役割を果たし、その後、金や銀がその役割を引き継いでいきます。

お金は持ち運びに便利で、みんなが欲しがる物がその役割を担います。そして今のお金はみなさんがお使いの日本銀行券がその役割を担っています。

つまり、お金にはそもそも、ある物とある物を交換する仲介の役割があるのです。

価値を計る役割

お金には、すべての人が同じ価値の単位(価格)を持つことができます。するとその価格を見れば、高いのか安いのか、すぐに判断できるようになります。

また、これは商取引のたびに行われる価格交渉が省かれ、商取引が活発に行われるためにとても重要な事です。

価値を貯める役割

私たちが欲しい物の中には、肉や魚などの長期保存が難しい物があります。もし商取引の中心が物々交換だったら、交換するたびに肉や魚は腐っていってしまうでしょう。

その点、お金ならば腐る心配はありません。つまりお金=価値ですから、今使う(交換)必要のないお金は、将来のためにとっておく(貯めておく)事ができるのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>