社債と株 どちらを購入するのが良いのか

 

債券の「債」は、借金を意味します。そして債券とは「私は確かにあなたから借金をしました。満期までに利子をつけてお返しします」という借金証書なのです。

そして借金をしたのが国であれば「国債」、会社であれば「社債」となります。

社債と株式の比較

株式会社の場合、資金の調達方法は3つあります。
一つは株を発行すること。もう一つは銀行からお金を借りること。もう一つは社債を発行することです。

株式を発行して入ったお金は自己資本になります。自己資本になった場合、利益が出れば通常、配当という形で株主に利益を還元しなければいけません。そして、これは会社が存続する限り続きます。

そのため、短期に資金を返済しなければならないような場合は、株式発行は適切ではありません。

株式発行が適切なのは、新しい技術・商品の開発から、工場の建設、従業員の雇用・育成まで、利益を得るまでに何年もかかるような、長期にわたってたくさんのお金を必要とする場合なのです。

反対に資金調達後に短・中期で利益を得ることができるような事業に対しては、一時的な資金調達で良いわけですから、社債発行のほうが適切なのです。
さて、ここまでの話ですと、なんだか株を買ったほうがいいように思えますが、もう一つ大切なことがあります。

それは、配当より社債の返済が優先されるということです。

例えば、会社の業績が悪い場合でも、社債の満期が来れば、会社は元金と金利をつけて購入者に返済しなければいけません。その点、配当は会社の業績が悪い場合、支払われるとは限らないのです。

社債と銀行からの借金の比較

さらに社債発行は、銀行からの借金でつく高い金利に比べて、低い金利で資金を集めることができます。

銀行からの借金の高い金利は「預金者につける金利」に「銀行の利益」分が上乗せされているからです。その点、社債は「銀行の利益」の上乗せがありません(*)から、低い金利で資金を集めることができるわけです。

ですから、経営が安定または順調に伸びている優良会社であれば、金利が低くても銀行の預金金利よりも高ければ、多くの人が社債購入者が現れる予想されるため、社債の発行が可能となるわけです。

反対に、経営がおぼつかないような会社であれば、高い金利でなくては社債購入者は現れず、銀行からの借金のほうが低い金利であれば、銀行から借金することになるでしょう。

(*)社債を発行する場合は、証券会社にその発行を代行することになります。そのため証券会社に手数料を払うことになりますが、銀行からの借金で銀行に払う利益に比べたら、ずっと少ない支払いで済みます。

株式と社債と銀行からの借金のまとめ

株式と社債と銀行からの借金を表にまとめると、次のようになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>